審査基準

やはり厳しい側面

以前はゴールドカードを発行してもらうための、障壁はとても高く、なかなか保持することができませんでしたが、今では、そんなに審査基準も高くなく、比較的容易に発行してもらうことが可能です。

しかしながら、一般的なカードの発行基準に対しては、やはり厳しい側面があります。審査をする際には、必ず信用情報機関の過去のご自身のカード利用状況(借入や返済状況など)を調査されますので、万が一、返済基準でいわゆるブラックという位置づけにある方には、ゴールドカードを持つことはできません。

また、ゴールドカードを発行してもらう時点での、収入や勤め先、家族構成や他のローンの状況などもしっかり調査されますので、誰もが持てるカードでないことは事実です。


最低の条件

審査基準については、各クレジットカード会社により異なります。基本的には、30歳を超えていて、今の会社に継続して5年以上勤務している方で、年収が500万円以上であることが最低の条件であると言われています。

以前のようにゴールドカードを持っていれば、ステータスを得られるという時代ではなく、普通の経済力の方でも、ゴールドカードを保持することができるのです。自営業の方などは、なかなかクレジットカードの審査が厳しいと言われていますが、しっかりとした返済の見込みがあれば、全く問題なくカードを保持することができます。

ゴールドカードの審査は一般のクレジットカードよりも難しいことは確かですが、ステータスに直結するわけではないのが現状です。

作るにあたっての審査が心配

皆さんの中には、これからクレジットカードを作りたいと思っている方もいらっしゃると思いますが、まずは作るにあたっての審査が心配だという方もいらっしゃると思います。審査に通りませんと、もちろんクレジットカードを作ることはできませんから、どんな方でしたら審査に通りやすいのかという大まかな説明をしたいと思いますので、是非参考になさってみていただくと良いでしょう。

審査に通りやすいのは、もちろん借金などの会社から見て、お金を返してもらえるのかなという疑念を抱かせるようなことはない方が良いですし、給料はたくさんもらっている方で、リストラなどの危険性が少ない年代の方の方が、印象は良くなると思います。

支払いに延滞などの過去の履歴があることも会社から見ますと、審査に通りにくくなる原因になることもありますので、クレジットカードを作りたいと思いましたら、できるだけ支払いに関することは気をつけて、忘れがちですが毎回しっかりと支払っていくと良いと思います。

最近では、かなり短期間のうちにクレジットカードが発行されるというところもありますので、そうなりますと表面的なことを簡単に審査して、決めることも多いと思いますから、できるだけ印象の悪いことがないように気をつけましょう。 クレジットカードを作る際の基準もカードによって全く異なるでしょうから、どのカードを選べば良いのかということも大事です。

他のカードでは断られてしまうことがあっても、このカードだったら大丈夫ということもあるので、もしも断られてしまうことがあっても、他のクレジットカードを検討してもらうことで解決できることもありますから、どんなカードがあるのかをしっかりと調べてみましょう。

詳細に関しては、ホームページなどで確認していただくこともできますし、カウンターが設けられていることもありますので、時間がある時には相談して、説明を受けていただくのも良いと思います。